Skip to Content
Go back

不動産開発業者になるには:総合ガイド

How to Become a Real Estate Developer: Your Comprehensive Guide

不動産開発は、不動産市場に関心を持つ人々を惹きつける、エキサイティングで有利な分野である。不動産開発業者の役割は、私たちの都市やコミュニティを形成する上で極めて重要です。しかし、どうすれば不動産開発業者になれるのでしょうか?この記事では、ゼロからのスタートでも、他の分野からの転身でも、その道のりをご案内します。

不動産開発のコンセプト

不動産開発業者はプロジェクトの首謀者である。候補地の特定、融資の確保、法的問題の処理、建設の監督などを行う。デベロッパーには、環境の持続可能性に重点を置くグリーン・デベロッパーや、高級市場に重点を置くラグジュアリー・デベロッパーなど、さまざまなタイプがある。

不動産デベロッパーは何をしているのか?

不動産開発業者は、プロジェクトの開発プロセス全体に責任を持つ。建設候補地を特定し、資金を確保し、法的問題を解決し、建設を監督する。また、建築家、請負業者、都市計画家など、さまざまな専門家と仕事を調整する。

不動産デベロッパーの種類

不動産デベロッパーは、それぞれ独自の焦点と要件を持って、さまざまなタイプの開発に特化することができます。以下の表は、不動産デベロッパーの主な種類の概要を示したものである:

デベロッパーのタイプ説明必要なスキルと知識
住宅開発業者これらのデベロッパーは、一戸建て、タウンハウス、アパートなどの住宅を専門としている。住宅市場の動向、ゾーニング規制、住宅建設手法を理解する。
商業用不動産デベロッパー商業デベロッパーは、オフィスビル、ショッピングセンター、工業用ユニットなどのプロジェクトに取り組んでいる。商業用不動産市場、商業用建築方法、商業用テナントのニーズに関する知識。
グリーン開発者グリーン・デベロッパーは、プロジェクトにエネルギー効率の高い素材や設計を使用し、持続可能な手法を好んでいる。持続可能な建築慣行、グリーン技術、環境規制への強い理解
高級不動産デベロッパーこれらのデベロッパーはエリート市場に重点を置き、豪華さと独占性を特徴とする物件を開発している。細部にまで気を配り、ラグジュアリー・トレンドを理解し、ラグジュアリー・バイヤーのユニークなニーズや嗜好に対応する能力。
複合施設のデベロッパー複合施設デベロッパーは、住宅、商業施設、時には工業施設などを1つの複合施設に統合するプロジェクトに取り組んでいる。様々なタイプのテナントのニーズをバランスよく満たす能力、様々な建築方法に関する知識、複雑なゾーニング規制への理解。

デベロッパーのタイプはそれぞれ、都市やコミュニティの形成においてユニークな役割を果たしている。自分の興味やスキル、市場機会に応じて、デベロッパー志望者はこれらの分野の1つまたは複数に特化することを選ぶことができる。

不動産業界で成功するためのステップ

ステップ説明
1. 教育不動産、ビジネス、金融などの関連分野で学位を取得する。
2. 職務経験不動産業界で経験を積み、多くの場合、不動産業者や建設マネージャーなどのポジションからスタートする。
3. ネットワーキング業界の専門家と関係を築くことで、新たなチャンスへの扉が開かれ、貴重な指導を受けることができる。
4. 小さく始める一戸建てのリフォームなど、小さなプロジェクトから始め、経験を積み、人脈を広げるにつれて、徐々に大きなプロジェクトに挑戦する。
5. 専門化グリーンやラグジュアリーなど、特定のタイプの開発に特化することを選択する。

不動産開発業者への道

不動産開発業者になるには、多くの場合、学歴、経験、人脈の組み合わせが必要である。しかし、この分野に入るための非伝統的なルートもある。

伝統的な方法:教育と経験

不動産開発業者という職業への伝統的な道は、多くの場合、教育から始まる。新進の不動産開発業者は通常、不動産開発に関連する分野の学位を取得する。不動産、ビジネス、金融、建設管理、土木工学などの学士号がこれにあたる。これらのプログラムでは、デベロッパーの仕事に不可欠な不動産の原理、経済、金融、建設についての基本的な理解が得られる。

関連学位に加え、多くの大学やカレッジが不動産開発の専門課程や不動産開発の資格認定課程を提供している。これらのプログラムでは、プロジェクト管理、不動産法、都市計画、持続可能性など、開発に関する具体的な内容を詳しく学びます。また多くの場合、インターンシップやプロジェクトなど、現場で実地経験を積むための実践的な要素も含まれています。

研修終了後、デベロッパー志望者は通常、不動産業界で経験を積む。この経験は様々である。不動産代理店からスタートし、不動産市場の複雑さを学び、人脈を築く人もいる。また、建設管理の仕事に就き、建設プロセスを直接経験する人もいる。金融や投資の仕事も、財務分析や投資戦略をよく理解できるため、やりがいがある。

経験を積むにつれ、不動産デベロッパー志望者は小規模な開発プロジェクトを担当することが多くなる。不動産の改修、小規模な集合住宅の建設、あるいは土地の開発などである。このようなプロジェクトでは、プロジェクトを最初から最後まで管理し、途中で発生した問題を解決するという貴重な経験を積むことができます。

やがて経験と自信を得たスペシャリストは、より大規模で複雑なプロジェクトを担当し、最終的には一人前のデベロッパーになることができる。この伝統的な道には時間と努力が必要だが、不動産開発業界では貴重な知識と経験の確かな基礎を得ることができる。

型破りな方法:経験なし、金なし、卒業証書なし

不動産開発業者になるには、伝統的な道を歩むのが一般的だが、それだけではない。正式な教育や経験、多額の資本がなくても、従来とは異なる道もある。このような道では、創造性や創意工夫、計算されたリスクを取る意欲が必要とされることが多い。

非伝統的な道のひとつに、自己教育がある。今日のデジタル時代には、不動産開発に関する知識を得るための無数のリソースがオンライン上にある。オンラインコース、ウェビナー、ポッドキャスト、経験豊富な不動産開発者から学べるフォーラムなどだ。独学には規律と自発性が必要だが、学習者は自分のペースで学び、最も興味のある分野に集中することができる。

もうひとつの型破りな方法は、パートナーシップやジョイント・ベンチャーである。プロジェクトのアイデアはあるが、必要な資本や専門知識が不足している開発志望者は、経験豊富な開発者や投資家と提携することができる。この場合、初心者開発者は自分の時間、労力、アイデアを投資することができ、経験豊富なパートナーは資本と指導を投資することができる。この場合、経験豊富な開発者は有望なプロジェクトに投資することができ、初心者開発者は貴重な経験と利益の分け前を得ることができる。

クラウドファンディングもまた、近年ますます人気が高まっている型破りなアプローチだ。クラウドファンディングは、多くの人々から少額の資金を集めるもので、通常はインターネット上で行われる。興味深いプロジェクトのアイデアはあるが、必要な資金が不足している開発志望者にとって、クラウドファンディングはプロジェクト実現に必要な資金を調達する一つの方法となり得る。

最後に、一戸建て住宅を購入して改装するなど、小規模な不動産投資から始める開発志望者もいる。これは、必要な資金が少なくて済み、大規模なプロジェクトに挑戦する前に新しいスキルを学ぶことができるため、不動産業界でより手頃な価格で始めることができる。

こうした非伝統的な道は容易ではなく、困難も伴う。しかし、不動産開発に熱意を持ちながらも、従来の資格や資源を持たない人々にチャンスを与えるものである。決断力、創造力、学ぶ意欲があれば、こうした非伝統的な道を利用して不動産開発業者として成功することは可能である。

不動産開発業界に入る

不動産開発業界に参入するには、スキル、資格、人脈を組み合わせる必要がある。

必要なスキルと資格

不動産開発は複雑な分野であり、様々なスキルや資格が必要とされる。以下の表は、主なスキルや資格の概要と、それらがなぜ重要なのか、どのように取得すればよいのかを示している:

スキル/資格不動産開発における意義購入方法
プロジェクト管理不動産開発は基本的に、さまざまな専門家とプロセスの調整を伴うプロジェクト管理作業である。プロジェクトマネジメント経験、またはプロジェクトマネジメントに関する正式な教育を受けている。
財務分析デベロッパーは、コスト、潜在的リターン、リスクなど、プロジェクトの財政的な実行可能性を評価する必要がある。金融、経済、不動産などのコースの一環として学ぶことができるほか、金融業務で実務経験を積むこともできる。
交渉不動産デベロッパーは、土地の購入、融資の確保、建設業者との契約など、しばしば取引の交渉をしなければならない。交渉職の経験、または交渉スキルのコースやトレーニングを通じて培われる。
不動産関連法規の理解デベロッパーは、ゾーニング法、建築基準法、環境規制、その他不動産開発の法的側面をナビゲートしなければならない。正式な教育や独学、また実務経験を通じて不動産法を学ぶことにより習得。
ネットワーキング業界のプロフェッショナルと関係を築くことで、新たなチャンスが広がり、貴重な指導を受けることができる。業界のイベント、フォーラム、組織への積極的な参加と、積極的な関係構築を通じて発展。
リスク管理不動産開発には重大なリスクが伴うため、デベロッパーはそれらを特定、評価、管理できなければならない。リスクアセスメントおよびマネジメントに関連する職務経験を有するか、またはこれらの分野に関する正式な教育を受けた者。
建設に関する知識開発者は、コスト、スケジュール、潜在的な問題など、建設プロセスを理解する必要がある。建設現場での経験を通じて、あるいは建設管理の研究を通じて得ることができる。
創造性開発者はしばしば新しいデザインを考え出さなければならず、創造性が要求される。生まれつき創造的な人もいるが、デザインや問題解決の練習など、創造性を刺激する活動を通じて伸ばすこともできる。

これらのスキルや資格のすべてが最初から必要なわけではありません。その多くは、不動産開発業界で経験を積みながら、時間をかけて習得していくものです。しかし、これらの分野を十分に理解していれば、不動産開発業界で成功するための強固な土台を築くことができます。

ネットワーキングとメンタリングの重要性

不動産開発の世界では、人脈づくりと指導が欠かせない。新しい機会を開き、貴重な知識を提供し、キャリアの成長を加速させる。

ネットワーキング

ネットワーキングとは、業界の他の専門家との関係を築くことである。他のデベロッパー、投資家、不動産業者、建築家、請負業者、都市計画家などである。このような関係は、多くのメリットをもたらす:

  1. 機会:人脈づくりは、パートナーシップ、合弁事業、投資取引など、新たな機会につながる可能性がある。また、新しいプロジェクトやクライアントへの扉を開くこともできる。
  2. 知識の共有:他のプロフェッショナルとネットワークを作ることで、最新の業界動向や市場環境、革新的な戦略についての見識を深めることができます。これにより、常に時代の先端を行き、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。
  3. リソースの共有:ネットワーキングは、信頼できる請負業者の推薦、信頼できるサプライヤーの推薦、潜在的な投資家の紹介など、リソースの共有にもつながる。

メンタリング

メンターとは、その分野でより多くの経験や知識を持つ人から学ぶことです。メンターは、指導、助言、フィードバックを提供し、不動産開発の複雑さを乗り越える手助けをしてくれます。ここでは、メンタリングが役立つ方法をいくつかご紹介します:

  1. ガイダンス:メンターは自らの経験に基づいたガイダンスを提供し、よくある間違いを避け、より良い決断をする手助けをすることができる。
  2. スキル開発:メンターは、交渉、財務分析、プロジェクト管理などの重要なスキルを開発する手助けをしてくれる。メンターはあなたのパフォーマンスについてフィードバックし、改善点を提案してくれます。
  3. キャリア開発:メンターは、成長の機会を提供したり、新たな機会に推薦したり、仕事上の評判を高める手助けをしたりすることで、キャリアアップを支援することもできる。

不動産デベロッパーを目指す者にとって、人脈づくりと指導は欠かせない。これらは機会やリソースを提供するだけでなく、個人的・職業的成長にも寄与する。そのため、ネットワークの構築に時間と労力を費やし、不動産デベロッパーとして成功するための道しるべとなるメンターを見つけることが重要です。

開発者になる

不動産デベロッパー」という言葉は、しばしば「不動産開発業者」という言葉と同じ意味で使われる。しかし、デベロッパーは一般的に住宅用不動産を専門としている。

不動産開発業者になるには

不動産開発業者になるには、不動産開発業者になるのと同じ段階を踏むことが多い。しかし、住宅市場を理解し、住宅購入者や請負業者との関係を築くことに、より重点を置く必要があるかもしれない。

各地域での不動産開発

デベロッパーになるためのプロセスや機会は、地域によって大きく異なることがある。これは、市場環境、規制の枠組み、文化的嗜好の違いなど、様々な要因によるものである。以下では、これらの要因が各地域の不動産開発にどのような影響を与えるかを見ていく:

市場の現状

不動産市場は地域によって大きく異なります。人口増加、経済情勢、住宅需要などの要因は、不動産開発業者が利用できる機会に影響を与える可能性がある。例えば、人口が急増し、経済が好調な地域には、十分な住宅供給機会があるかもしれない。一方、人口が停滞または減少している地域は、住宅供給機会が少ないかもしれません。

法的規制の枠組み

法規制の枠組みも、地域によって異なる重要な要素である。これには、土地利用、ゾーニング、建築基準法、環境保護などに関する法律や規制が含まれる。これらの規制は、どのような種類の開発が可能か、開発プロセスにどれだけの時間がかかるか、どれだけのコストがかかるかに大きな影響を与える可能性がある。例えば、ゾーニング法や建築基準法が厳しい地域では、開発業者はより多くの問題を抱えることになるかもしれないし、逆に規制が緩い地域では、開発業者はより柔軟に対応できるかもしれない。

文化的嗜好

文化的嗜好もまた、異なる地域の不動産開発に影響を与えることがある。これは、特定の住宅タイプ、建築様式、地域の特徴に対する嗜好に当てはまる。例えば、広い庭のある一戸建てが好まれる地域もあれば、高層アパートやタウンハウスが人気の地域もある。このような文化的嗜好を理解することは、デベロッパーがその地域の市場で成功しやすいプロジェクトを生み出すのに役立つ。

結論として、デベロッパーにとって、地域ごとの特徴を理解することは極めて重要である。これは、有望な機会を見極め、潜在的な課題を克服し、地域住民のニーズや嗜好に合ったプロジェクトを開発するのに役立つ。したがって、デベロッパー志望者は、市場調査、現地の専門家とのネットワーク作り、現地の不動産市場の実体験の積み重ねなどを通じて、事業を展開したい地域について学ぶ努力をすべきである。

フロリダ、カナダ、カリフォルニアで不動産開発業者になる方法

フロリダ州では、保養地として人気があるため、デベロッパーは住宅や保養地に焦点を当てることが多い。カナダでは、デベロッパーは寒冷地や規制要件などの要因を考慮する必要がある。カリフォルニア州では、デベロッパーは高い需要に直面しているが、同時に高いコストと厳しい規制にも直面している。

フロリダ

フロリダの不動産市場はその多様性で知られ、住宅用、商業用、ホリデー用の物件がある。休暇の目的地として、またリタイア後の安住の地として人気のあるフロリダ州では、短期賃貸住宅と居住用住宅の両方に高い需要があります。フロリダのデベロッパーは、行楽客や退職者の嗜好など、これらの市場のユニークなダイナミクスを理解する必要がある。さらに、沿岸部の開発や環境保護に関する州の規制をうまく利用する必要があるが、フロリダ州の生態系は脆弱であるため複雑な場合がある。

カナダ

カナダのデベロッパーは、さまざまな課題と機会に直面している。寒冷な気候と長い建設期間は、プロジェクトのタイミングとコストに影響を与える可能性があります。加えて、デベロッパーは州によって異なる独自の不動産法や規制を理解する必要があります。一方、カナダは経済が好調で人口が増加しているため、住宅・商業用不動産開発には十分な機会がある。特に、トロントやバンクーバーといった都市は、世界中からデベロッパーを惹きつける活気ある不動産市場を有しています。

カリフォルニア

カリフォルニアは、ロサンゼルスの高級住宅からシリコンバレーのテクノロジーオフィスまで、多様でダイナミックな不動産市場を提供している。しかし、カリフォルニア州の不動産開発業者は、高い土地代や建設費、環境保護や手頃な価格の住宅に関する厳しい規制に直面している。地震や山火事などの自然災害にも見舞われるカリフォルニア州は、デベロッパーに独特の課題を突きつけている。このような課題にもかかわらず、カリフォルニア州の好調な経済と高い住宅需要は、このような複雑な問題を乗り越える術を知っているデベロッパーに大きなチャンスを提供している。

結論として、フロリダ、カナダ、カリフォルニアのデベロッパーになるには、現地の市況、規制、ビジネスチャンスを十分に理解する必要がある。また、デベロッパーには柔軟性と順応性が求められ、各地域特有の課題を克服し、各地域特有のチャンスを生かす能力が求められる。

不動産開発に特化

グリーン不動産開発業者になるには

グリーン不動産開発は、持続可能で環境に優しい建物の建設に焦点を当てた成長分野です。グリーン・デベロッパーになると、用地の選定から設計、建設、運営に至るまで、建築の全過程を通じて環境対策を優先することになります。ここでは、グリーン・デベロッパーになるために必要なことをより詳しく説明します:

教育とトレーニング

グリーン・ビルダーになるための出発点は、持続可能な建築慣行とグリーン・ビルディングの基準について十分な知識を得ることである。これは、環境科学や持続可能な設計などの分野で学位を取得したり、グリーン・ビルディングの専門コースを受講したりすることで可能である。また、LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)認証など、グリーン・ビルディングの能力を証明できる様々な資格もある。

経験

グリーン・デベロッパーになるためには、実務経験が不可欠である。これは、デベロッパー、プロジェクト・マネージャー、建築家、またはその他の職務としてグリーン・ビルディング・プロジェクトに携わることです。この経験を通して、持続可能な材料の調達、エネルギー効率の高いプロジェクトの実施、グリーンビルディング規制の管理など、グリーンビルディング特有の課題と機会について学ぶことができます。

ネットワーキング

どんな分野でも人脈作りは重要ですが、グリーン・プロパティも例外ではありません。この分野の他の専門家とネットワークを作ることで、彼らの経験から学んだり、最新のトレンドや技術を学んだり、プロジェクトのパートナーを見つけたりすることができる。これは、業界のイベントに参加したり、専門家団体に加入したり、オンライン・フォーラムに参加したりすることで実現できる。

ビジョンと創造性

最後に、環境に配慮した不動産デベロッパーになるには、環境への影響を最小限に抑えつつ、居住者のニーズを満たす持続可能な建物をどのように作るかというビジョンが必要である。持続可能性、費用対効果、美観のバランスなど、グリーンビルディングの課題に対する革新的な解決策を見出さなければならないため、創造性が求められる。

高級不動産デベロッパーになるには

高級不動産開発は、豪華で高級、一流のアメニティを備えたハイエンド物件の創造に焦点を当てた専門分野です。高級不動産デベロッパーとして、あなたはハイエンド市場と協力し、高級バイヤーのユニークなニーズと好みに応える物件を作成します。ここでは、高級不動産デベロッパーになるために必要なことをより詳しく説明します:

教育とトレーニング

高級不動産デベロッパーになるために特別な学歴は必要ないが、不動産、ビジネス、金融、建築などのバックグラウンドがあると役に立つ。また、高級不動産購入者の嗜好や期待など、高級不動産市場を明確に理解しておくことも有用である。そのためには、高級品マーケティングを学んだり、業界のイベントに参加したり、高級品不動産業者と密接に協力したりすることが必要かもしれない。

経験

高級不動産業界での経験が重要です。デベロッパー、プロジェクト・マネージャー、デザイナー、またはその他の職務として、高級不動産プロジェクトに携わることも可能です。この経験を通じて、高品質の材料の調達、豪華なアメニティの導入、高級不動産購入者の高い基準への対応など、高級不動産開発に関連する独自の課題と機会について学ぶことができます。

ネットワーキング

人脈作りは高級品市場において特に重要である。高級不動産のバイヤーやエージェントだけでなく、その分野の他の専門家との関係を築くことで、新たなチャンスへの扉を開き、貴重な見識を得ることができる。これには、高級不動産のイベントへの参加、専門組織への加入、高級顧客との関係構築などが含まれる。

細部へのこだわり

高級物件を作るには、細部にまで気を配る必要がある。高級物件の購入者は、最高レベルの品質と職人技を期待しており、ほんの小さなディテールでも大きな違いを生み出します。そのためには、ラグジュアリー・トレンドを深く理解し、開発プロセスのあらゆる面で卓越性を追求する必要があります。

財源

最後に、高級物件の建設には多額の資金が必要となることが多い。高級プロジェクトは、高品質の材料、設備、職人技にコストがかかるため、通常のプロジェクトよりも高額になる傾向がある。そのため、高級物件のデベロッパーには、優れた財務管理能力と十分な資金調達能力が求められます。

結論

不動産開発業者になるには、教育、経験、人脈の組み合わせが必要だ。グリーン開発、高級開発、あるいはその中間に興味があろうとも、多くの道とチャンスがある。不動産業で成功するには、知識やスキルだけでなく、創造性、忍耐力、計算されたリスクを取る意欲も必要であることを忘れないでください。

FAQs

Q: 開発者になるにはどのくらい時間がかかりますか?

その時期は、学歴、訓練、経験によって大きく異なる。関連分野で長年働いた後に不動産業界に入る人もいれば、学歴を積んですぐに不動産開発に携わる人もいる。

Q: 不動産開発業者になるには大卒である必要がありますか?

学位は貴重な知識と信頼性を提供しますが、必ずしも必要ではありません。成功しているデベロッパーの多くは、建設、建築、ビジネスといった分野の経歴を持っている。

Q: 不動産デベロッパーにとって重要なスキルとは?

主なスキルは、プロジェクト管理、財務分析、交渉、不動産関連法規の理解など。創造性、ビジョン、リスク管理能力も重要です。

Q: ビルダーとデベロッパーの違いは何ですか?

この2つの用語はしばしば同じ意味で使われるが、不動産デベロッパーが商業用不動産や工業用不動産を含む幅広いプロジェクトに取り組むのに対し、不動産開発業者は住宅用不動産に重点を置く傾向がある。

Q: 特定のタイプの開発に特化する方法は?

専門化には、グリーン開発、ラグジュアリー開発、その他のニッチ分野など、特定の分野における経験や知識を蓄積することが多く含まれる。これには、専門的な能力開発、特定のプロジェクトに取り組むこと、あるいはニッチ分野の専門家とのネットワーク作りが含まれる。

READ  多要素認証(MFA)インターホン
Articles

不動産開発は、不動産市場に関心を持つ人々を惹きつける、エキサイティングで有利な分野である。不動産開発業者の役割は、私たちの都市やコミュニティを形成する上で極めて重要です。しかし、どうすれば不動産開発業者になれるのでしょう […]

Articles

Cat 6配線図の世界に飛び込む前に、Cat 6配線が本当に必要かどうかを再確認してください。 優れた機能を備えていますが、特定のニーズには適さないかもしれません。一般的に安価で、ほとんどの家庭や小規模オフィスのネットワ […]

Articles

現代社会において、インターネットは私たちが呼吸する空気と同じくらい必要不可欠なものだ。最新のニュースをキャッチアップすることから、お気に入りの映画を見ることまで、私たちはインターネットに依存している。しかし、その魔法がど […]

Articles

企業、学校、集合住宅などの円滑な運営にコミュニケーションが欠かせない現在、信頼性が高く効率的なインターホンシステムの必要性はいくら強調してもしすぎることはありません。SIP(Session Initiation Prot […]

Articles

スマート・ビルディングとコネクテッド・テクノロジーの今日の世界では、非接触アクセス・コントロール・システムがセキュリティと利便性のためにますます重要になってきている。この分野における2つの主要なプレーヤーはNFC(近距離 […]

Articles

ビデオ監視技術が進化するにつれ、基本的なプロトコルと標準を理解することが非常に重要になってきます。この記事では、IPカメラの世界に飛び込み、2つの重要な用語に焦点を当てます: RTSPとONVIFです。ONVIFカメラの […]

Articles

IP インターカムは、通常、VoIP(Voice over IP)技術を使用して、ネットワークを介したデバイス間の双方向通信を提供します。このマニュアルでは、IP インターカムをインストールする手順を説明します。 必要条 […]

Articles

フラットインターホンが使えないというのは悲しいことです。この問題を解決するためのいくつかのステップをご紹介します。 ブロック図 インターホン・システムのトラブルシューティング 市場にはComelit、Aiphone、Nu […]

Articles

Control4ユーザーの多くは、Control4ドアステーションを探しています。しかし、Control4は、スマートホームオートメーションのメーカーです。インターホンやドアステーションは製造していないので、私たちがイン […]

Articles

ドアベルが鳴ったらどうする? 通常、最も都合の悪い瞬間に、あなたは今やっていることを中断して、誰が鳴っているのかを確認するためにドアに向かいます。大きなアパートや一軒家で、別の階にいる場合はどうすればいいのでしょうか?階 […]